上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月17日
インパチェンス2008年6月17日

2006年7月、今からちょうど2年前から育てた、ニューギニアインパチェンスの苗です。
ハルチタンをはっていなかったものは、昨年の秋にすでに枯れて溶けてしまいました。(T_T)
はってあった苗は、生きておりましたので、そのまま育てています。
6月になって、苗を見ると、なんと蕾がついていましたよ。


インパチェンス2008 根元

インパチェンス2008蕾

アップで見ると蕾はふたつ。


6月20日
インパチェンス2008花咲く

アップ

ひとつ咲きました。この苗で、3度目の夏の開花。


6月28日
2つ目の花

二つ目の花が咲きました。\(~o~)/
肥料は春になってから1度だけやりました。。なお、肥料をやったのは、3年間でこれ1度だけです。
スポンサーサイト
10月10日

ニューギニアインパチェンス実験、1年2ヵ月後です。
チップを貼っていないほうは、液体肥料もなくなったので、そのままにして置いたら、今年の夏の暑さのせいで葉と茎が腐ってとけてしまい、このような状態になりました。(鉢植えは、二つともずっとこの場所においていました。)
チップを貼り付けたものは、相変わらず元気です。(肥料は何もやっておりません)

実験の最初は こちら
昨年7月より観察しているインパチェンス実験・・・かれこれ10ヶ月たちました。

6月8日
6月8日

相変わらず、ハルチタンのついたインパチェンスは、元気にずっと咲いています。
蕾も次々についています。
左のハルチタンがついていないものは、枯れるわけでありませんが、ずっとこの状態で花をつけることはありません。
夏の花ですから、これから咲き出すかもしれませんが、今のところ、蕾は見当たりません。

なお、花が咲かなくなってから、ハルチタンなしの方にだけ液体肥料をさしており、ハルチタンつきのものは肥料は一切やっていません。

葉っぱのアップです。

6.8チップなし 6.8チップアリ

見ての通り、葉の勢いがまったく違いますね。

まだまだ続きます→こちら
3月15日
3.15インパ

昨年7月からずっと観察しているニューギニアインパチェンスの、3月15日現在です。
右側の鉢の茎には、あれからずっと、計4枚のチタンチップを貼っています。

inpahiryou

左側の鉢を裏返しました。
左側の鉢のほうは、時々アンプルに入った液体肥料を与えています。

見ておわかりと思いますが、肥料を与えている左の方は、冬の間に2つ花をつけましたが、咲き終わって、今は、花芽もついていません。
右はチタンチップだけで、暖冬のせいもあってか、冬の間もどんどん花が咲いていました。
今も新たな蕾がついています。

さらに、続きます→こちら
haruti10

上の写真は、8月12日、ハルチタン(Haru Titan)を使った最初の実験のときのものです。
実験が終わってもハルチタンをつけ続けておりました。ニューギニアインパチェンスの3ヶ月後です。
夏が過ぎて、どちらの鉢も、いったん花が咲き終わりましたが、10月末くらいから、ハルチタンをつけた苗に蕾がつきはじめ、また花が咲き出しました。

hana

上の写真は、11月4日のものです。
左側のハルチタンのついてないほうには、肥料を与えています。葉は青々としていますが、花はないですね。ハルチタンをつけてあるほうは、肥料は与えていません。

hana1

この写真は11月10日に撮ったものです。花の中に、また新しいつぼみを見つけました。
いつまで咲き続けるつもりでしょう。(笑)

まだまだ続く→こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。