上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台所の隅にあった大浦ゴボウから、芽が出ていました。
大変貴重なゴボウなので、煮しめにしていただきましたあと、
葉の部分は、枯れかかってはいるものの、捨てるに忍びなくて、
ハルチタンを貼って育ててみようかと思いました。

チタンチップ ← クリックすると大きくなります。


1月8日 これです。
1.8


1月17日
1.17.jpg

枯れかかっていた葉が、開いてきました。


1月27日
1.27.jpg

がんばれ、がんばれ。

2月5日
2.5.jpg

葉っぱが、大きく広がってきましたよ。
裏返すと、なななんと根っこが出ています。

2月6日
2.6nekko.jpg

矢印のところは、根っこです。
根っこがのびのび出来るように、大きなガラス容器に移しました。

2月21日
gobou221

中のほうにあった小さな葉っぱも大きくなり、根っこもだいぶ伸びてきました。
葉が大きくなりすぎて、貼り付けたチタンチップが、もう見えなくなりました。

3月13日
gobou313

中のほうから次々新しい葉が出てきます。
ゴボウの葉っぱって、大きくなるものですね。横に広がって画面からはみ出しそうです。

3月20日
gobou320 ← 最新の画像です。

さて、どうなってるでしょうか。クリックしてお確かめください。
なお、シールは、はがれた部分だけ2~3枚貼り替えましたが、チップは、最初に付けたときのままです。

※この続きはこちら
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。