上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログは、「ハルチタンクリスタル」の紹介とチタンチップ「ハルチタン」の簡単な植物実験や使用方法などをご紹介しています。
うれしいことに、植物は嘘をつきません。ぜひ、ご覧ください。
... 続きを読む
スポンサーサイト
  命あるものは みな

  生命を守るものに対して ポジィティブに反応し

  そうでないものに対して ネガティブに反応する。

  これは、生存することの 基本的メカニズムです。


                「パワーかフォースか」(デビット・Rホーキンズ著)より
最近、テレビや雑誌などで、腸内フローラ(腸内細菌群)がよく取り上げられます。

それに関連しますが、20年前より、具合の悪くなった我家の猫や友人の犬、猫の奇跡的な回復を体験し続けてきた「水溶性キトサン座薬」。
今までは口頭で、作り方をお伝えしていましたが、知人友人より、写真入りの正確なレシピがほしいとのご要望があり、ここにご紹介します。

なお、キトサンが水に溶けるのに、時間がかかりますので、「朝作って夜使う」など、時間を有効利用して下さい。


用意するもの

 ・水溶性キトサン「仙遊丹」2カプセル
 ・紙コップ90ml用(100円ショップで買える・写真はスチロール樹脂)
 ・市販の精製水500 ml
 ・市販「グリセリン液浣腸」(イチジク浣腸など)20ml
 ・消毒用アルコール(手指消毒用)

 キトサン座薬レシピ

大型犬用レシピ

1.「精製水」を紙コップの底に5ミリくらい入れておく。
   (紙コップの底に水溶性キトサンがつくと固まって溶けにくいため。
    全体として使用する精製水の量は約20ml)

2.「仙遊丹」のカプセル1個をあけ中のキトサンの粉が浮くように、振り入れる。
  (紙コップの壁につかないように気をつける)

3.「精製水」を少量水に浮くキトサンの粉の上から少しずつ振り入れ、
  キトサン粉を湿らせる。 次に「仙遊丹」2カプセル目も同じ作業を繰り返す。

4.「精製水」をさらに振り入れ、計約20mlにする。
  3時間以上完全に溶けるまで静かにホイルで蓋をして待つ。(夏は冷暗所で)

5.市販グリセリン浣腸液の中身を出し「精製水」できれいに洗っておく。
  フタも洗っておくと良い。
  スポイトのようにキトサン水溶液を吸い上げたら、水溶性キトサン座薬完成。

6.その後、使用前に湯煎で人肌に温める。

猫や小型犬などの使用分量は、体重によって調整ください。
いっぺんに作り置きしないでください。せいぜい、冷蔵庫で2日くらいまでです。

獣医さんに行くまでもない、普段の健康管理、食欲不振や、下痢などの排便不良などの改善に。
あるいは、獣医さんでは手に負えない状態で、飼い主として最後にやれることがあったら・・と思ったときに、お試しください。
それ以外は、獣医さんに行ってください。


■追記

キトサン座薬は、ワンちゃんや猫ちゃんの食欲不振の時などに、てきめん効果的です。
猫や小型犬には、赤ちゃん用の浣腸容器を使うと、やりやすいです。
なお、猫ちゃんへの座薬は、原則、二人でやるといいと思います。
暴れる猫ちゃんには、厚手の古いセーターなどを着せるように包み、一人が手足が動かないようにしっかり抱きしめて、もう一人がおしりに座薬を入れます。
少量でも、変化はありますので、全部入らなくても、トイレで出てしまっても、大丈夫です。
a1180_016954.jpg

首を後ろに回して安全確認できますか

  このハルチタンクリスタル160000は
  目で確かめられるものだけを表現したのではなく
  身につけた人のトータル的な感覚でとらえる
  体感できるジュエリーです。
  その体感の一端を確かめるために、身につける前と後の変化を感じてください。

  まずは、つける前に下記の事柄について確かめてください。

   腕を上に伸ばす・・・腕がスムーズにひっかかりやコリ、痛みが少なく上がるか
   横を向く・・・首が左右にどれくらい向けられるか
   前屈する・・・前屈して床に指先がどれくらい届くか
   腹式呼吸・・・腹式呼吸が楽にできるか(特に手に携帯、スマホを持ちながら)
   猫背・・・意識すれば背筋がまっすぐに伸びるか
   心の状態・・・心が安定し前向きになっているか

  では ハルチタンクリスタル160000をつけて比較してください。


  ※お手入れ方法
  無水アルコールや、消毒用アルコールをティッシュやきれいな布につけて
  時々拭いてください。
16万1

新しいアプローチのユニバーサルデザイン
「ハルチタンクリスタル160000」

クリスタル12Φ 38000円 (税込) 写真
クリスタル14Φ 55000円 (税込)


ユニバーサルデザイン開発の研究中、素材を決めるにあたり、キネシオロジーテスト(筋肉反射テスト)法を用いて、さまざまな素材のテストを行いました。            
その過程で、物質(素材)によって、「筋肉が強く反応するもの」と、「筋肉の反応が弱くなってしまうもの」があることがわかりました。

現代、私達の身の回りには、驚くほど沢山の筋肉を弱く反応させるものに囲まれています。
身の回りにある物質(素材)の中で、農薬などの毒物はもとより電子部品なども体の筋肉を弱く反応させる物質です。
それらは、体内に取り込まなくても手に持っただけで、影響があり、慢性的な不調や、こころが弱くなる原因の一つになっていることがわかりました。


その過酷な現代の環境下にあって、筋肉への悪影響を受けずにすむ、新しい概念のユニバーサルデザイン製品を開発しました。

なお、この製品は、いつも、身につけていられるよう、ジュエリーの形態をとっております。


ユニバーサルデザイン

健常者も障害のある人も、老若男女を問わず、使用できるようデザインされた製品


「筋肉反射テスト」(通常二人一組で行い、特定の筋肉を使いテストをする)
      ↓
 ◯筋肉が強く反応する(生命力が増す)
 特に力を入れようとしなくても、筋肉に力が入る状態
 (生命に良い天然の物質や、手作りのものが多い)

 ◯筋肉が弱く反応する(生命力を奪う)
 同じ様に力を入れているのに、筋肉に力が入ってない状態
 (合成の物質やレアメタル・レアアースや、大量生産のものが多い)


筋肉反射テスト(キネシオロジー)による診断は、応用キネシオロジー国際大学(the International College Applied Kinesiology)によって認められている科学です。身体の各臓器は、それらに関連のある探知できる筋肉があり、それらの筋肉の弱体化が臓器の病気を引き起こすことを教えてくれます。    参考書籍「P・VS・F」デヴィッド・R・ホーキンズ 著

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。